2017-08- / 07-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>09-

2012.03.09 (Fri)

本番当日その4

15時くらいになってW君が2部の手伝いをするために来てくれました。リハでの2部の進行を知らないので、K君担当のビデオ撮影を代わってやってもらうことにしました。W君とは3年ぶりに会ったのですが、3年前は大学2回生、今は大学院生となると、彼がすごく見た目大人になっていて驚きました。就活中だから、社会をいろいろ見て回っている最中ですからね。

2部では「シリウスへの帰還」第3楽章のラストがなかなか揃わず、不安を残したままでしたが、休み時間に1stトップと私で合わせた結果、まあまあ良くなりました。もっと普段の練習から二人で合わせておけば良かったと反省しています。ナブッコとワルツフォーアリアはさくっとリハ手直しを終わりました。トリのディベルティメントのリハと手直しには一番時間がかかりました。特に第1楽章のゆっくりした部分のリタルダンドや、Ⅰ°tempoやコーダなど、ワナが満載ですし、ホールでパート間の音が聴きづらいこともあり、音のまとまりが悪くなっていました。

毎年、リハーサルが全て終わったとき、まず本番も練習どおりいくはずという手応えはあります。しかし、曲によって温度差があるのは事実です。演奏会のたびに、リハーサル直後のこの温度差を感じるのはつらいものです。「ああ、もっとこの部分を合わせておけばよかった、違う入り方をしておけばよかった、もっとこの辺り重点的に個人練習をさせればよかった・・・」という若干の不安を持ち越したまま本番を迎えなければならないですから。その点、学生の連盟演奏会は自分らの担当曲が1、2曲だけなのでそれに全力出し切ればいいのですから、良いシステムですね。お客さんが許してくれるなら、1曲だけの演奏会というのをしたいです。
22:19  |  団員日記  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

シリウスの3連符は最後まであきらめずに控室で練習して良かったです。なんとか乗り切れました♪

確かに連盟は自分の曲が少ないので集中できて良いですね。逆に行きづまった時は曲から逃れられないからつらいこともありますが・・・

高校フェスティバルも1曲に全力ですごいですよね。
tsukamoto |  2012.03.10(土) 16:10 |  URL |  [Comments:編集]

Comments:を投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・Deleteするのに必要
SECRET  管理者だけにComments:を表示  (非公開Comments:投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP |