2018-11- / 10-<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930>>12-

2012.03.20 (Tue)

本番当日その8

2部の劇はテレビドラマの曲などをマンドリン用に3曲、編曲して演奏しました。編曲が終わってちゃんと練習し始めたのが1ヶ月前の合宿の時、そこからテンポなどはセリフの長さに合わせて試行錯誤でしたから、曲として「きちんと」仕上げるのは難しかったです。が、本番には団員も集中していい演奏にしてくれたと思います。エンディングの曲ではもともと司会セリフをしゃべることに集中していたので私だけがセロの音ミスを連発してしまったのは痛恨でした。

まあ、映画や劇は聴衆はほとんど演技や映像に見入っているので、音楽はあくまで脇役なんですが、音の雰囲気がバッチリはまると強力に、演技や映像の世界へ聴衆を引き込むことができます。実際にスピリートでやってみたり、映画製作で音を編集で入れてみると、下手くそな構図や弱いストーリーでも力強く、生き生きしてくるから不思議です。

役者の演技も良かったので、2部が終わった瞬間に、団員がみな「ホッ」としてしまったのは事実です。2部に入れ込めば入れ込むほど、通して集中を持続させることが課題になってきます。これは次回への反省点です。(続く)

08:09  |  団員日記  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

Comments:を投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・Deleteするのに必要
SECRET  管理者だけにComments:を表示  (非公開Comments:投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP |